トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

iPodゲット!

長らく検討していたiPodをやっと手に入れました!おぉー、って感じでほくそえんでしまいます。ミニ、シャッフル、ナノと進化してきたiPodですが今度のはビデオが再生できるのです。クリエの代わりにモバイル動画再生できるものを探していたのでまさにドンピシャでした。
しかし、どこも入荷待ちですぐ手に入れられるところはないかと探しました。価格コムはかなり安いですが在庫状況が最新とは限らず、問い合わせてみて初めて入荷未定だったりします。結局ヤフオクで即決送料無料を見つけて落札しました。

iPodは何といっても純正を含め、アクセサリーが豊富です。実際に手にしてみて思うのは、やはり凹凸のない平らな表面。特に美しい液晶部分は傷つけたくないので、保護フィルムは必需品かも。ついうれしくて弄り回していると、指紋べたべたになるのも気になります。あと車でCDを聴くことが多いので、車載グッズをいろいろ調べました。手軽なのは、FMトランスミッター。直にカーオーディオに接続しないので、便利そうですが音質は???。でもシガーソケットから充電もでき、取り付けアームみたいになるものを発見したので、注文してみました。

とりあえず、家にあるCDを片っ端からPCに取り込んで、転送しています。しばらく遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

ボジョレー

ボスがボジョレーヌーヴォーを買ってきたので、オフィスで飲みました。今年は・・・、というコメントが毎年出ますが、「ほー。」「ま、なかなか」って程度のコメントしか出ません。ま、飲む口実だよね。

家に帰ってもう1杯と思ってセブンイレブンに走るも、自分で買うにはチョイ高めですな。だって、いまどき1000円以上のワインをわざわざ買うことなんてめったにない。500円とかでも十分おいしいのあるしね。セブンイレブンじゃボジョレーは2000円以上するから、別の棚から安いのをゲット。

それにしても、焼酎に慣れてきた体には、ワインって変な酔い方しない?なんかグヮーってまわって、二日酔い。ま、飲みすぎなきゃいいんだけどね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

ニューエイジ

なんか、ギター1本ですごい演奏をするヤツがいるっていうんで、CDショップを探したけど、フュージョン?ジャズ?ヒーリング?でもないらしい。店員に聴いたら、「ニューエイジ」にあります、だって。ニューエイジって何?

それが、押尾コータローです。(最新アルバム「パノラマ」

アコースティックなのに、次々と聴いたことのないテクニックを繰り出すんですよ。なんだか、繊細なハーモニクスからワイルドなタッピングまで、変幻自在なんです。とんでもないギター小僧が現れたもんだ!ってことで、クラシックの次はこういうの、弾いてみたいなって企んでいます。

コード弾きから脱皮して、エレキのアドリブとエフェクターに凝った学生時代。でも今じゃお仕事で弾くときはほとんど歌伴でジャンジャカが精一杯。少しは自分のためにって感じで、未知のジャンルに憧れるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

クラシックギター

村治佳織の最新アルバム「Lumieres」を聴いています。彼女のギターに触発されて、クラシックギターを練習しています。彼女の人気のすごさはその容姿からだけではなく、音楽の幅の広さと、深さ、包容力のあるしなやかな表現力にあると思います。もちろん、あのジャケット見ると惹きつけれられるのは確かですけど。必要以上にアイドル的な売込みをしないのも、確固たる音楽への自信の表れでは。

僕自身は小学校5年のときフォークギターを始めて以来、フォーク、ロック、ポップス(ニューミュージックなんて読んだ時代もありました)、フュージョンなんかを好んで演奏しましたが、エレキギターが中心で、今回はじめてクラシックギター(ガットギター)をはじめました。ボサノヴァのコードを覚えて、指弾きができたらカッコイイなと思ったからです。最近やっと小野リサ「星の散歩」がカッコになってきたところ。カプリースNo.7」をさらってみたものの、やはりクラシックは独学じゃ限界があるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

プロフィールの写真

は、ストンビのピッコロ・トランペットです。

初めてこの楽器に出会ったときから、その容姿といい気品ある音色といい、ラッパ吹きとしてはかなり憧れてしまいました。もちろんまともに吹けるようになるには、かなりのテクニックが必要ですが。

いつか吹きこなしてみたいという思いが実現したのは、大学の卒試でした。演奏したのはタルティーニの協奏曲。しかし、その時の楽器は借物。自分の楽器を手に入れたのは、それから10年、オケで「展覧会の絵」を吹いたとき。そしてまた「展覧会」を吹く機会がめぐってきました。前のオケからちょうど10年目となります。そのときと比べると体力も多少衰えてるでしょうし、なにより練習量もかなり違うので、どうなることやら。何より精神鍛錬の必要な楽器であることは、間違いありません。日々是修行也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

毎晩…

DSC00255 ここんとこ、毎晩いただいています。シークヮーサーサワー。近所のホルモン焼きの店ではまって、今ではシークヮーサードリンク泡盛炭酸を常備している次第。シークヮーサーは大宜味村産。安いものは台湾産をブレンドしているようですが、国産はかなり青臭く酸味も強いです。でもはまるとこれがやめられない。泡盛も一升瓶で仕入れていますが、実は炭酸にもいろいろあるってことが最近わかってきました。このいっぱいのために、冷蔵庫も自動製氷機能のにしたんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

スイングガールズ

テレビで見ました。
いろいろ評判だけを聞いてふーんって思ってたけど、結構面白かったな。

音楽したくなる気持ちって、理屈じゃないっていうか、純粋に音が出したいとか、一緒に合わせたいとか、聴いてほしいっていう衝動があるねぇ。

今は、アマオケでクラシックを演奏しているけど、学生のころ吹奏楽でシングシングシングとかやって、必死でさらったから今でもよく覚えてる。ああいう、「いぐねぇ?いぐねぇ?」って気持ちが、今の自分の音楽の原点かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年12月 »