« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月19日 (日)

ミヨー&ペトルーシュカ終了

なんとか止まらずに終えることが出来ました。

ミヨーは編成も小さいのでフォルティッシモでハイCは結構恐かった。

ペトルーシュカは自分のソロもさることながら、ステリハでも何度か止まってたので、ちょっとした事故の度にハラハラしたけど、覚悟してた割には大事故に至らず、ホッと胸を撫で下ろす。

ちょっとしたソロのわりに大変なんだよ!って吹聴してたので多くの皆さんに労っていただきました〓

しかし、やっぱ毎日コンスタントに練習するのはキッツイわ。

次は数年ぶりに歌の本番を控えています。地道にボイトレしなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

ありがとう・さようなら

歌曲の中でも、最も奥が深い童謡。短い簡潔な詞に、単純なのに忘れられないメロディが織り成す、日本が世界に誇る文化。

毎日、本当に毎日のように歌い続けても、同じように感動する名曲を作り続けた作曲家、福田和禾子さんが亡くなられました。

井出隆夫さんとコンビでの曲、「ちびっかぶーん」や「北風小僧の寒太郎」は何度繰り返し歌っても飽きません。タイトルの「ありがとう・さようなら」もこの二人。「そうだったらいいのにな」も楽しくて夢のある歌です。


「赤鬼と青鬼のタンゴ」もみんな大好きな歌です。
「はみがきじょうずかな」
「ジャングル・ポケット」
「たぬきのレストラン」
「つくしのムック」
「バナナのおやこ」
「はるかぜ電話」
「ゆきふるるん」
「はじめて はじめまして」

…題名をきくと次々にメロディが蘇ります。一見当たり前のようですが、量産される童謡のなかでも福田さんの歌は確かに耳に残る。大人もこどもも引き込まれる、キラリと光るセンスがあるんですよね。

私もたまに作曲をしますが、自分なりのこだわりとポピュラリティの両方がキラリと光る、福田和禾子さんのような歌がかきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

じてんしゃれんしゅうちゅう

じてんしゃれんしゅうちゅう
土曜の運動会が順延して、今日は代休。おいらは秋休み。

平日朝から自転車の練習です。いとこから譲り受けた自転車もボロンチョ。
さすがに誰もいない公園でのんびり遊びました。が、親譲りかあまり運動神経がいい方ではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

運動会順延

幼稚園の運動会は、雨天順延。土曜なら親子競技に出れたのに、さすがに本番1週間前の合奏は休めないよ。

開会式と始めの方の競技だけ見て失礼することに。ま、過ごしやすい天気でよかったけどね。


それにしても席取りは前日の夜6時にはかなり並んでたらしい。別に朝8時半に来ても座れるっちゅうの。

…ところで、コレステロールの薬をしばらく飲んでない時の検査結果を聞いたら、かなりやばいことになっていて、医者に少し脅かされた。この体質は治ることはないから、食事や運動しか改善する方法はないらしい。あとは、薬を忘れない。

基本、体動かさないからねぇ。もうすぐ犬の散歩が出来るようになるけど。日課になるかどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

ペトルーシュカとラーメン

ペトルーシュカとラーメン
先週の分奏に続いて、ペトルーシュカの合奏。今ひとつテンポが定まらず、迷いながら崩れながら練習は進みます。やっぱ通さないと不安だわ。

ソロの出来も今ひとつ…。今週は忙しくて一回しか練習してないからなぁ。

あと2週間、集中して練習しなきゃ。

帰りは69'n'roll oneに寄ってみると5人しか並んでないじゃないか。駐車場は3台満車。10分程待って車をとめ、列へ。あいにく限定はなく、3号味玉ラーメンにしました。

勇気を出して、「写真いいですか?」ときくと「どうぞ〜」と、あっさりOK。

鶏油の効いた塩ダレは旨味たっぷり。あっさり鶏チャーシューも穂先メンマもねぎも糸唐辛子も、それから味玉も絶妙のバランスでおいしゅうございました。

カウンターにはれんげがありますが、基本は丼から啜るのが王道だと思います。
完食して「ごちそうさま〜」と席を立つと、「どうも〜」の一言。この短いやり取りに、一杯のラーメンで勝負する男気を感じて、店をあとにしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »