2007年2月12日 (月)

iPodで、ボイスレコーダー。

生演奏を録音するのに、最も難儀するのが入力レベルの設定。市販のボイスレコーダーはこれがほとんど出来ない。ハイとローの2段階のみ。
そこでボイスと名のつくヤツは信用できないと思っていたが、手元にまともなレコーダーもないので、普段持ち歩くiPodで録れるこれを使ってみることにした。

F8z082blk1 BELKIN TuneTalk Stereoor iPod with video です。見た目は仮面ライダーのようですが、ここにステレオマイクがあります。こいつをiPodの下にくっつけるだけ。すぐに録音画面になります。面倒な設定は一切なし。本体の下にオートゲインをon/offするスイッチがあるだけです。試しにギターを録音してみると、かなりきれいに録れています。トランペットはオートゲインをオフにしたほうがいいですね。さらに大きい音源の場合、外部マイクも使えるみたいです。
録音されたファイルはCDクオリティのWAVファイルで、モノラルにすればさらに長時間の録音が可能だそうです。1分10MBとしても、うちのiPodでまだ35GBは空き容量があるので、60時間は録れる計算?になります。あれこれ模索してみたけど、灯台下暗し。普段録りのレコーダーはこれで十分かも、ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

ノイズキャンセリングヘッドホン

古いカセットテープなどの音源をデジタル化しておこう、と思ったのは最近のことというわけではない。

MD全盛の頃に古い録音をまとめて編集したディスクは結構貴重なものだ。昔から自分で演奏するのと同じくらい、音楽を聴いたり録音したりするのは好きだったし、そのためにオーディオについても多少の興味を持っていた。中学生の分際でウォークマンをいち早く手に入れ、人よりちょっと高いカセットテープを使ったりすることが優越感だったりした。

時は流れ、20年くらい前から一気にデジタル化が進み、カセットテープやレコードは棚の奥へ追いやられることになった。CD、MDときて、PCでさらに手軽に保存が可能になった。PCで便利なのは取り込んだ音の加工が容易であること。テープにありがちなヒスノイズや、録音当時のセッティングの悪さを補正するイコライザー、リバーブなどがいとも簡単にソフトで処理できる。

ところが、PC自体がノイズの発生源なので、当然スピーカーから出る音だけで細かいチェックは難しい。iPod用のカナルタイプのイヤホンは長時間つけるのはつらい。http://musica39.cocolog-nifty.com/music/2006/05/ipod_d03e.html

そこで、少しましなヘッドホンを買おう、という気分になった。凝り性なのに、手軽でしかも付加価値のあるものはないかとわがままな物色をして、ノイズキャンセリングというものにたどり着いた。すなわち周囲の雑音と逆の位相を出して軽減させるという代物らしい。ボーズの高級品には手が出ないので、ソニーにしてみた。http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041027/sony.htm
試着?してみると、確かに周囲のBGMがすっと小さくなった気がした。電車や飛行機などで耳栓代わりに使うことも出来るらしい。家の中の生活音や道路の騒音も軽減できるかも知れん。

音楽を聴くのは、最近めっきり車の中がほとんどになってしまったが、たまには家でじっくりレコード鑑賞というのも、いいかも知らん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

iPodで、クラシック。

今まで、ロックやポップスを中心に入れてたiPodですが、まだまだ空き容量があるので、クラシックも入れてみました。交響曲やオペラまで全曲入れると相当な量ですが、まだ3分の1も埋まりません。iTuneでは全曲で10.5日と出ます。

クラシックでもCDのトラック名などはちゃんと取得してくれるのですが、日本語だったり原語だったりで、結構めんどい。しかも2枚組以上のアルバムの場合、1枚目と2枚目が違う表記だともっとめんどい。さらに、ジャンルわけが全部Classicalのみ。

さすがに曲数が多いと、アーティスト名で検索はめんどいので、ここはいくつか小ジャンルに分けてみた。Symphony, Orchestral, Opera, Vocal などなど。でもiPodでは作曲者検索ができないのが難点ですねぇ。いちいちプレイリストを作るのもなんだし。あと、アーティストの項目も指揮者、オケ、ソリストなどがどう入ってるかで、探せなかったり…。

車で聴くことの多い私は、最弱音部分はエンジン音とエアコンなどでほとんど聞こえず、やっぱiPodにはクラシックは不向き?車用のノイズキャンセルシステムとかあればいいですけど。あ、外の音が聞こえないのは危険ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

iPodの、イヤホン。

どこにも遠出しないので、ちょいと秋葉原へ。なんだか久しぶりに行ったら、やはりすごいことになっていた。街中に、メイドがうじゃうじゃいるのだ!まあ、ほとんどがメイドカフェのチラシ配りなのだが、やはりその筋でそれなりに有名な子もいるようで、オタクの取り巻きの数もすごい。テレビカメラまで取材に来てる。萌え~?萎え~?

Dvc00001_1それはさておき、今日はイヤホンを買いに来たのだ。iPodで聴くのにちょっといいのがほしくて、デジタルARENAのこんなページなんかで勉強して、出かけた。ギタリストの大萩康司さんもお勧めのこんなイヤホンもあるが、本体より高いものにはさすがに手は出ない。で、これに落ち着きました。シュアSHUREのE2cです。

まず、装着が結構難しい。耳たぶを引っ張ってグイッと押し込むと、かなり耳穴が圧迫され、完全に外の世界と遮断された感じ。いざ音楽を聴いてみると、ほぉ!ボリュームを上げても楽器の音がナチュラルで目の前で弾いているよう。もちょっと低音にゆとりがほしいなと思ったら、さらに耳奥にぶち込むべし。んー、長時間これはきついかな?

ということで、イヤーパッドもいっぱぁーい!ついてきました^^これからいろいろと試してみましょう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

CD三昧

大手レンタルCD店、TSUTAYA。久しぶりに何か聴こうと物色してみたが、なんと会員証を更新するのに金を取るという。しかも、クレジットつきの会員証カードにすると、年会費も更新料もタダという。面倒だが、タダには弱い。クレジットカードもこのところ提携の年会費無料カードを乱発しているようですが、これって結局サービスの提供というより個人情報をタダで集めてるって気がしないでもないけど、こっちもタダにしがみついてしまうのだからしょうがない。

借りたのは上原ひろみ熱帯JAZZ楽団。あんがいマニアックなものおいてるのね。ジャズ、ボサノヴァ、クラシックもあって、しかもコリャ誰が借りるんじゃろってなモノも。やはりその手のマニアによる強引なリクエストかね。あとは往年の名盤紹介みたいなのは新規分野の開拓には便利かもな。

続いて翌日、山野楽器のクラシックコーナーでまた2枚。最近はトランペットやギターなどのソロものが多かったので、純オケものを。「ツァラトゥストラはかく語りき」(ショルティ=ベルリンフィル)と、「英雄」(小澤=サイトウキネン)。どっちの曲もレコードとかテープで持ってるけど、iPodに入れらんないし。そういうの結構あるよね。ちょっともったいないけど違う演奏も勉強した方がいいじゃん?とかいってさ。iPodとPCのおかげで、すっかりオーディオの前で音楽を聴くことがなくなりました。でもいつかはでかいスピーカーの前で時間を忘れてドップリ浸りたいものですな。

あとさ、WinnyとかWinMXとかも便利だが、お金を持ってる大人はちゃんとCDを買おう。(または借りよう!)音楽家は著作権料で生活しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ありきたりだけど…音楽って癒される。

朝からお仕事を休んで病院へ行きました。またコレステロール値が上がってご機嫌斜め。なんか愚痴っぽい。運転も荒い。

で、iPodに入れた2300曲をシャッフルにしてみると、これがいいんですよ。なんだか。

ともかく音楽に関しては雑食でクラシックからヘビメタまで何でも詰め込んであるので、村治佳織のおだやかな音色に酔っていると直後にKISSとかギィ~ンって出てくるわけ。んで、「虹とスニーカーの頃」で幼い日の郷愁に浸って、ミスチルで共感し自己反省するんですわ。ところがウィントン・マルサリスで「かっけぇ!」てたまげて、ナカリャコフで「今日こそしっかり基礎練するか」とやる気になる。

つくづく、自分は音楽に生かされているんだなぁ、と実感し、世の中の些末なことに右往左往してちゃいかんぜよと。

…なんて思っても仕事場にいくと、ぐでぐで愚痴っぽくなっちまうんだなぁ。ともかくスランプだな。自分自身の問題。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

iPodで、ビデオ。

iPodで動画を見たいけど、フリーの動画だけじゃなくて、自分で録画したデータとか見たいですよね。あとDVDを変換したりとか、夢は広がります。

で、見つけてきたのが、これ。いろいろなコーデックの動画ファイルをiPod用に変換してくれます。今までクリエでは見れなかったリアルビデオも、変換できる優れもの。しかも2980円と安い。購入していなくても、5分以内の動画ならお試しできます。うーん Xilisoft なかなかやる。かゆいところに手が届く感じ(^^)ゞほかにもいろいろな動画のコンバータを出しているみたいです。

iPodでちょっと動画を見てみたいけど、高価なビデオ変換ソフトを買うこともないな、と思っているなら、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

iPodゲット!

長らく検討していたiPodをやっと手に入れました!おぉー、って感じでほくそえんでしまいます。ミニ、シャッフル、ナノと進化してきたiPodですが今度のはビデオが再生できるのです。クリエの代わりにモバイル動画再生できるものを探していたのでまさにドンピシャでした。
しかし、どこも入荷待ちですぐ手に入れられるところはないかと探しました。価格コムはかなり安いですが在庫状況が最新とは限らず、問い合わせてみて初めて入荷未定だったりします。結局ヤフオクで即決送料無料を見つけて落札しました。

iPodは何といっても純正を含め、アクセサリーが豊富です。実際に手にしてみて思うのは、やはり凹凸のない平らな表面。特に美しい液晶部分は傷つけたくないので、保護フィルムは必需品かも。ついうれしくて弄り回していると、指紋べたべたになるのも気になります。あと車でCDを聴くことが多いので、車載グッズをいろいろ調べました。手軽なのは、FMトランスミッター。直にカーオーディオに接続しないので、便利そうですが音質は???。でもシガーソケットから充電もでき、取り付けアームみたいになるものを発見したので、注文してみました。

とりあえず、家にあるCDを片っ端からPCに取り込んで、転送しています。しばらく遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)